スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライゴンの地割れは最強

そろそろ最新記事から1か月じゃんやべえって思って最近は使わなくなった構築を晒しあげることにした。
別にそこまでレートでいいとこまで行ったわけでもないしオフで結果を出したわけでもない。10月最後の時点で1860くらいまで行ったけど環境の流れについていけない変な構築を使っては負け越し、レートを戻すためだけにちょいちょいいじりながら使っていた。

200px-Sugimori_707.png006.png115.png145.png286.png200px-Sugimori_681.png
並びはこんなかんじ。クレッフィで壁を貼ってガルーラでボッコボコにする。ガルーラだと分が悪いなぁっていう構築はリザードン選出でボッコボコにする。残りは相性補完。ガブリアスがやや重いけれども、サンダー君でなんとかなることが多かった。頑張ったかいがありました!(?

ここからは単体のお話。
200px-Sugimori_707.png
クレッフィ@ひかりのねんど
穏やかだけど一応早く動きたかったのでHSに252。端数はDに振った。臆病の個体の方が有能。
特性:いたずらごころ マジシャンである必要性は全くないので悪戯心で問題ない。
技構成:イカサマ 神秘の守り リフレクター 光の壁

・イカサマ…物理で殴るポケモンの体力をささやかながら削る。挑発を受けた時に何もできないのでは困るし、マジカルシャインはCに振っていない彼では役に立たないだろうと思い採用。
・神秘の守り…命中が上がったことによる採用率が格段に上がった鬼火や、フシギバナ君がごまかしでばら撒いてくる眠り粉を防ぐためのもの。これを刺しておくことでガルーラ君が非常に動きやすい。
・リフレクター、光の壁…ガルーラ単体でも強いことは強いが、格闘技(特にバシャーモ)で一撃だったり、鉢巻を巻いたファイアローがブレイブバードをしてくるだけでかなり痛手になってしまうため、リフレクターを採用した。圧倒的火力のメガリザードンYの炎技やトゲキッスのエアスラッシュをガルーラ他裏のポケモンが耐える回数を増やすために光の壁が必要。

006.png
リザードン@リザードナイトX
陽気。竜の舞で上を取る範囲を広げるためSに252。上がるとはいえ種族130と微妙な数値なためAに252。Hは無振りで奇数になるので端数はB。
特性:猛火 特攻が上がる恩恵は受けないため猛火で良い。メガシンカするとかたいつめ。
技構成:フレアドライブ ドラゴンダイブ かわらわり 竜の舞

・フレアドライブ…炎タイプ物理技最高火力。入れない手はない。
・ドラゴンダイブ…メガリザードンXはその優秀な技範囲を買っており、逆鱗による技の固定は避けたかったために採用。命中不安定ではあるため、極力撃つ状況を作らないように立ち回らなければならない。小さくなった相手には必中なのでその旨味も採用の理由。
・かわらわり…バンギラスや壁を展開する構築に対する回答。ついでにガルーラにも抜群をとることができ、かたいつめの補正もかかるため一度舞った状態であれば余裕で処理できるようになる。
・りゅうのまい…無くても特性上強いがS100族の素早さレースは制しておいて損はないし、上述の通りかわらわりでバンギラスやガルーラを処理するためには必要な技。

115.png
ガルーラ@ガルーラナイト
陽気。後述するがずるをする技が存在しており、その範囲を上げるためにS252。性格補正が入らない分火力を甘えることができないためAに252。端数はHに充てた。
特性:きもったま ゴーストに交代してグロウパンチをすかそうとするやつをわからせるため。メガシンカ後はおやこあい。
技構成:グロウパンチ 岩雪崩 地震 不意打ち

・グロウパンチ…親子愛によって攻撃をしながら一度に攻撃を2段階上昇させる鬼畜技。壁貼って起点を作る構築であるため当然恩恵にあやかるため採用。
・岩雪崩…親子愛によって怯み率が驚異の5割超えの鬼畜技。岩タイプという技の範囲も有能であるためタイプ一致鬼畜技である踏みつけを見送りこちらを採用した。
・地震…範囲の広さ、鋼(特にギルガルド)に対する打点として採用。
・不意打ち…スカーフを持った相手や、素早さが上昇した相手を上から殴るために採用。先制技がないと困る場面というのはつきものなので同じ悪タイプの技なら噛み砕くを使いたいと思いながらもやむなく採用している。グロウパンチで攻撃が上がっていれば親子愛補正で無振りバシャーモに対しておおむね57.4%~67.7%ダメージを与えることができる。

145.png
サンダー@ゴツゴツメット
図太い。素早さは当時某ブログに載っていたグライオンを抜くため12振った。20振ると意地っ張りのS252キノガッサを抜くことができる。Cに4振ることでグライオンに対する目覚めるパワーの乱数が変わるためその通りに。残りは物理耐久を極力上げるためH252、残りをBに振った。本当はBに252振る方が硬くなるはずだが、Hの実数値が汚くなるのが耐えられなかった。
特性:プレッシャー これしかない
技構成:放電 目覚めるパワー氷 羽休め みがわり

・放電…命中安定でありながら3割で麻痺を引くことができ、長期戦を想定した際試行回数が十分であると判断し採用。
・目覚めるパワー氷…ガブリアスやグライオンを迅速に処理するためにはどうしても必要。倒すことはできないが、H252グライオンに撃つことで身代わりを貼る体力を残さない程度には削ることができる(76.9%~92.3%)。
・羽休め…耐久戦によって相手のPPを枯らすことを考慮し、再生技を採用。
・身代わり…相手の補助技を回避したり、高火力の攻撃を効率よく受けたりするために採用。ゴツゴツメットの恩恵が薄れるが、ゴツゴツメットを使わなければならない相手はそもそも身代わりをする暇もなく反撃しなければならないため、関係ないと判断した。

286.png
キノガッサ@気合のたすき
愛してる。(
意地っ張り。襷を持たせるためいつもの耐久調整は必要とせずASに252。端数はB。
特性:テクニシャン ポイズンヒールを活かしたタイプのキノガッサがXY初期環境で使えるかどうかの判断がつかなかったため。
技構成:タネマシンガン マッハパンチ 岩石封じ キノコの胞子

・タネマシンガン…とりあえずテクニ補正がかかってつよい。切る理由がない。
・マッハパンチ…ローキックがテクニ補正圏外であるのと、相手のガルーラが対戦終盤で暴れ出した時に壁が無い状態で3割ほど削ってあれば先制で狩り殺せるために採用。
・岩石封じ…初期にわらわらと存在したギャラドス、11月ごろになってようやく増えてきたウルガモスに対するメインウェポン。威力、命中共に強化され、ちゃんと当たるわ威力90出るわ相手のS下がるわのいいことだらけの良技。威嚇が入っても無振りギャラドスを54.1%~64.7%削り、Sも下げる。耐久のあるギャラドスは眠らせてしまえば問題はない。
・キノコの胞子…BWとは違いスカせるポケモンが増えたため、ギルガルド等に対するごまかし程度の採用。襷キノガッサの場合、無かったら無かったで困る。

200px-Sugimori_681.png
ギルガルド@いのちのたま
冷静。Hは252。耐えるラインを忘れてしまったが、確か補正の無い鉢巻ファイアローのフレアドライブの乱数が変わるんだかなんだかでBに20。残りをCに振った。
特性:バトルスイッチ 当然これ以外のギルガルドは存在しない。
技構成:シャドーボール ラスターカノン かげうち キングシールド

・シャドーボール…他のポケモンがほとんど物理中心のため、特殊主体のギルガルドを採用。そのメインウェポン。通りも良い。
・ラスターカノン…対フェアリーが他のポケモンは対処しづらい(マリルリは大丈夫)ため、迅速な処理をするために採用。
・かげうち…討ち漏らしを処理するために必須の技。バシャーモのようなギュンギュン加速する奴を生かしておいて得はしない。
・キングシールド…フォルムチェンジするのにどうしても必要。拘りギルガルドでもない限りはやむを得ない。


大体こんな感じの形に落ち着いた。
初期はパルシェンを使っていたり、ガブリアスを使っていたりしたが、どれもしっくりとはこなかったためちんたらと構築をうにゃうにゃしながら他のコンセプトの構築を回していたらレートが一気に落ち込み、再起不能となっていた。しかしながら、この構築を使い続けて2000とかその辺まで行っていたかと聞かれるとまあ無理だと思う。とりあえずレートを1800くらいまで戻したい時に有能だったので記しておくことにする。

以上おわり。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。