スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ローテーション】関西ポケサーリーグ準優勝構築~ローテ盤で回る高種族値グッドスタッフ~

関西ポケサーリーグなるアツい大会に参加してきました。
僕はシングルとローテで参加することになっていたのですが、シングルの構築は当日までしっくりくるものができず、Twitterのタイムラインに当日の朝にいた某有名強者さまに「構築貸してください!!」と乞食したところ、快く貸していただけたのですが、ローテの人員が少なすぎるという悲しみの状況により、ローテ専門要員になってしまい、シングルは悲しみを背負いました。まじでごめんなさい。この場で謝罪します。
関西ポケサーリーグ
さて、今回ローテーションで使用した構築です。
トータル戦績は4-2(敗北は同じ人に予選、決勝で両方負けてしまいました…)。自信のある構築ではあったので要所で勝てているのはかなりいい感じだと思います。立ち回りを極めればもっと強くなれる並びだと思います。
また、ローテ特有の要素を持ったポケモンは当然いるのですが、概ねシングルで利用していたポケモンを流用することができる構築であるため、「これからローテやりたい!」という方にもおすすめです。XYにもローテあったらいいですね。

構築のスタンスとしては、トリックルームと電磁波の使い分けでS操作の管理をし、高火力のローブシン、ボルトロス(またはバンギラス)いずれかの一貫を作りながら叩いていくといった流れになり、ヒードラン、ブルンゲルの優秀な特性を活用しながら有利な状況を作っていきます。電磁波を使用する関係上全てのポケモンを最遅にするといったことができず、純粋なトリパに少々弱い一面も無くはないですが、一貫を作るのに邪魔になりやすい相手のバンギラスやローブシン、クレセリア等をうまく対面誘導しながら処理することが勝利への鍵となります。対面誘導の方法については個別解説のクレセリアの枠で後述します。

さて、個別の解説に参りましょう。
バンギラス
バンギラス@黒い鉄球
実数値:201-201-131-115-129-59
技構成:ストーンエッジ 噛み砕く けたぐり 投げつける
・無天候時控えめC252霊獣ボルトロスの眼鏡雷を高乱数で耐え(84%~100%)
・砂天候時控えめC252キングドラの眼鏡ハイドロポンプ確定耐え(83.5%~99.5%)
・黒い鉄球投げつけるでH100霊獣ボルトロス砂込みで確定1発(投げつけるダメージ97.6%~115.5%)
・黒い鉄球投げつけるでHB特化クレセリア68.7%~81.9%
・勇敢最遅個体
天候書き換え要員としての役割は期待しません。先発の天候合戦に負けることはまずあり得ませんが、別に後から天候を書き換えられてもそこまで気にして立ち回る必要はありません。
今回の役割としては、ローブシンにとって邪魔なエスパー、ゴーストを迅速に処理するという点を重視しました。
悪を一貫させて云々というよりも、鉢巻噛み砕くよりも強い投げつけるという最強技で相手の場を崩し、あとはトリル下で動かしやすければなお良い(けたぐりのような扱いやすい技も拘らずに使える)ので、鉢巻は採用せず鉄球バンギラスを使いました。
高火力・高耐久で場の制圧力は当然ピカイチです。シングルでもダブルでもローテでも強いバンギラスはポケモン界の王者。

488 (1)
クレセリア@オボンの実
控えめHC個体
技構成:未来予知 冷凍ビーム 電磁波 トリックルーム
・バンギラスの噛み砕く+クレセリアの未来予知でH252ローブシンが確定(噛み砕くが18.3%~22.1%、未来予知が87.7%~102.8%)
・バンギラスの噛み砕く+クレセリアの未来予知でHB特化ブルンゲルを砂込みで確定(噛み砕く64.7%~78.2%、未来予知30.4%~36.2%)
・未来予知で無振りカイリキーが砂込みで確定1発(未来予知92.1%~109%)
・冷凍ビームで無振りガブリアスが確定1発(104.9%~124.5%)
とりあえず技変えるだけでシングルから流用できるかなー程度の個体。
構築の要でもあり、S操作はこのポケモンかブルンゲルに任されることになります。バンギドリュウズ系の構築に対しては(ローブシンを横に置いた状態の)クレセリア、雨に対してはブルンゲルが動きやすいので、役割分担をしっかりとしていきましょう。
さて、先述してあった対面誘導ですが、今回使用した構築では未来予知を採用しています。
シングルでは高火力の技でありながらその発動タイミングの残念さで敬遠されがち(というか見向きもされない)な技ですが、交代という動作をほとんどせず、ターン消費無しでポケモンを入れ替えることができるこのルールに置いてこの未来予知という技は有用なのではないかと注目しました。
バンギラスローブシンクレセリアというありきたりな並びを相手取る状況において、タイプ相性は非常に優秀なポケモンたちなのですが、エスパー打点が乏しいということもあってローブシン等の格闘が前に出てきやすい構図を取っています。そこで、ローブシンをいつでも殺せるほどの火力がある未来予知を展開しておくと発動ターンにローブシンは前に出てきにくくなり、こちらのやりたいことが容易になります。状況によって選択する技は当然変わってきますが、相手のクレセリアあるいはバンギラスを処理しにかかることが容易になる、という発想です。仮にローブシンが突っ張ったとしても、そのローブシンを処理できるので、相手のアタッカーを処理して後の試合運びも格段にやりやすくなります。バンギラスを生かしておいた方が当然後々に試合運びしやすいので、ローテーション特有のその場の読みが必須ではありますが、ある程度悪、エスパーが通る状況で展開しておくだけでかなりアドバンテージを取ることができます。
バンギラスで殺しきれないブルンゲルにダメ押しで未来予知をぶつけることで倒すこともできます。
何より意表が突けます。

ローブシン
ローブシン(鉄の拳)@ラムの実
実数値:191-211-137-67-85-50
技構成:ドレインパンチ マッハパンチ 冷凍パンチ 雷パンチ
・S個体値0
完全にシングル流用の個体です。
壁などの展開は無く、無効タイプも無いので積み技展開はできないため、技の範囲を広げるために冷凍パンチ、雷パンチを採用しました。雷パンチはスイクンやブルンゲルへの重要な打点になりますが、撃つ機会はまあ少ないので好みで岩技にしたりしっぺ返しにしたりできると思います。しっぺ返しはS操作とのシナジーを持ちにくいのであまりお勧めはできませんが。
やはりこいつもどこで使っても強いですね。

485.png
ヒードラン@風船
実数値:191-99-129-158-126-138
技構成:噴煙 オーバーヒート 挑発 大地の力
・噴煙で実数値H155D92(控えめC252眼鏡グドラの竜波を乱数1つ切って耐え)キノガッサ確定1発
・オーバーヒートで実数値H187D135メタグロス高乱数1発(99.4%~118.7%)
・大地の力で実数値H191D128ヒードラン乱数1発(87.9%~104.7%)
・臆病C252ラティオスのジュエル流星群で(44.0%~51.8%)、+2ジュエル流星群で(88.0%~103.7%)
・陽気A252カイリューの+1ジュエル逆鱗で(58.1%~68.6%)、ジュエル消費後(38.7%~45.5%)→92.79%の確率で2発圏内
・臆病C252化身ボルトロスの10万ボルトで(39.8%~47.1%)
補完のための採用。vanドランをそのままの数値で利用したためかなり苦しい数値になってしまいましたが、要所を高乱数で倒せていたりしたのでまあいいかな、と思い甘えました。
実際に使用するのであれば
191-99-126-160-127-138
こんな感じになると思います。上記のメタグロスをきちんと確定で倒せ、ヒードランも乱数が変わってくるので事故が起こりにくくなるはずです。
基本的には構築上重くなりがちなメタグロスやドリュウズを吹っ飛ばしてしまえば役割終了なんてことも多いので、選出の際は対象のポケモンが安定して回ってきやすいタイミングにオーバーヒートを撃ちこむ作業になります。
炎が一貫しやすい相手には噴煙で火傷を狙いながら押していきましょう。
ブルンゲルに鬼火、挑発を採用していない関係もあり、無理矢理物理アタッカーの機能を停止させたり、相手にトリックルームをしてほしくないときにその行動を阻害する働きもさせることがあるので、このヒードランの枠に関しては使いどころが難しいところがあるかもしれません。
この技構成だとドラゴンにいい打点が無いので、相手のヒードランをローブシン、ボルトロスで見るよう割り切って大地の力を目覚めるパワー氷にするのも良いと思います。目覚めるパワー氷についてのダメージや、その他の情報は下記のvanさんのブログにて確認することができます。
http://advantagesv.blogspot.jp/2013/02/blog-post_7.html

642a.png
ボルトロス(霊獣)@電気のジュエル
実数値:167-*-92-182-101-168
技構成:10万ボルト 目覚めるパワー氷 気合玉 悪巧み
H100振りテンプレボルトロス。
シングル流用余裕でした。
ローテーションに置いて電気技は重要なファクターであり、正直一貫を取りやすい技であるため、それを無効化するボルトロスは壁が無くとも積む機会を見出すことができる便利なポケモンです。
もちろん悪巧みのチャンスがなくともシングルをやっている方は特にジュエル10万ボルトの火力はご存じだと思います。
一度積んでしまえば色々ふっとぶ便利屋さん。

593.png
ブルンゲル(貯水)@水のジュエル
実数値:191-58-91-150-134-88
技構成:しおふき シャドーボール ハイドロポンプ トリックルーム
どこかで見た実数値と技構成ですね?そう、シングル流用です。
ローテのブルンゲルは呪われボディがあまりにも有名で、熱湯溶ける再生挑発なんてのがテンプレとして挙がるわけですが、そのブルンゲルをメタると共に、雨がどうしても重い構築になっているので無償でトリックルームを展開するための起動要員として貯水ブルンゲルを採用しました。つまりS操作要員の2匹目、ということになります。
ジュエル潮吹きで当然のようにボルトロスが吹っ飛んでいくので、こちらのボルトロスと並べて配置しておくことである程度対面誘導しながら処理のチャンスをうかがうことができます。
さらに、カイリキーの爆裂パンチ、ココドラのがむしゃら、ローブシンといったローテではメジャーな試合運びをするポケモンに対する回答としても役割を持ちます。ココドラやローブシンはシングルでもお目にかかるのですが、ローテーションには爆裂パンチで一方的にアド取りをする構築が存在するので、半減タイプではなく無効タイプが必須とまでは言いませんがかなり重要になってきます。
他のカイリキーメタのポケモンだとサマヨール等挙げることができますが、サマヨールの場合硬いけれども打点があまりうまくない、挑発を受けてしまうと一気に価値が下がるといった弊害があります。
一般的なブルンゲルもこの弊害に当てはまりかけますが(辛うじて熱湯で仕事はできる)、今回採用したものはそもそも火力で押すタイプなので、弊害を受けにくいという利点があります。
ただし、一般的なHBベースのブルンゲルより遥かにやわらかいので大事に扱いながら水打点に回していって回復を狙う等の立ち回りを心がけていきます。

このような感じで、特別に用意する個体はあまり多くない構築で、慣れてくれば相当立ち回りやすい構築なので扱いやすいと思います。
天候ギミックがはびこる特徴的なルールですが、天候に頼らずS操作を多用して主導権を握っていきましょう。

最後に、関西ポケサーリーグに参加した皆様、お疲れ様でした。ローテーションで参加した方はこれを機にローテーションを続けてくださると以前からローテをちょこちょこかじっていた人間としては嬉しい限りです。
運営陣にはこのような機会をいただいたことに感謝したいと思います。

ローテ記事初めてなので、指摘等で追記あるかもしれません。無いかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。