スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うひょぞさんをリスペクト!京大カップ使用構築 ポリ2軸トリルターボコンクリババア

ある日、とりは思った

( ˘⊖˘)。o(うひょぞさん、ポリ2よく使ってて「ポリ2=うひょぞ」のイメージついたな…)

以前対戦して負けた時もポリ2使ってたし、社でも使ってた いい成績も残してるし強いんだろうか…?

|うひょぞ|┗(☋` )┓三

( ◠‿◠ )うひょぞ「かなり強いですよ ダウンロードのトリル展開がさいきょ」

すごく強そうに感じた。
使いたくなった

とり「うひょぞ産のポリ2うひょぞさんにあやかって使いたいんでぜひ1匹ツモっていただけないでしょうか!」

完全にクズの鑑である。

優しいうひょぞさんはポイマ2つと交換でポリゴンツモもってくれました。
感謝いたします。ありがとうございます。

さて、こうしてもらってきて育成したポリゴン2を軸にして構築を組んだ
京大カップ
基本的にギミックは最小限にして、相性を重視することにした。
ポリゴン2、ブルンゲルによって展開できるトリックルームから、メインのアタッカーであるローブシンが殴り、後処理を残りの1枠で押し込む形、マンムーでステロぽいぽいしてボルト、ハッサムでぐるぐる回す形が基本である。

基本的に高速竜が重かったりもするため、トリクル展開でボルトが上から竜を叩く形もできなくはない。ただし竜への打点として優秀である目覚めるパワー氷を採用しなかったため、主に竜を叩くのはメインの軸であるローブシンと、氷打点のあるマンムーということになる。

ということを大学から駅までの約20分で考え、6匹を選んだ。
ここからは個別解説

233.png
ポリゴン2
実数値:191-90-110-171-116-80(ひかえめ)
努力値:244-0-0-248-8-0
特性 :ダウンロード
持ち物:しんかのきせき
技構成:冷凍ビーム 目覚めるパワー炎 サイコキネシス トリックルーム

・H252振りローブシンをC+1サイコキネシスで乱数1発(96.2%~114.1%)

特筆すべきはおそらくローブシンについてのみだと思う。
あとは色々耐える。くっそ硬い。返しのC1段階上昇なにかで抜群とったら大体のアタッカーポケモンは死んでいく。
サポートとしても優秀なポケモンであり、アタッカーとしても機能する。
状況によってはこいつだけで3抜きを狙うこともできる。
かわいいは正義である。

ローブシン
キノガッサ(?)
実数値:191-211-137-67-85-50(いじっぱり)
努力値:84-252-172-0-0-0
特性 :てつのこぶし
持ち物:ラムのみ
技構成:アームハンマー マッハパンチ 冷凍パンチ 雷パンチ

特にいうことはない構築の軸となるメインアタッカー。
久しぶりにキノガッサメインで構築を組むことができたと喜んでいる矢先、どうもコンクリートを持っている別のポケモンであるということに気付く。
物理耐久を重視し、Bに大目に努力値を割いた。
とはいえ特に何かを意識したものではない。完全にパクリである。
トリックルーム下でアームハンマーを連打することでターボババアへと昇華する。
なお当日はバシャーモの前でアームハンマーを外し、あえなく撃沈した。
やはりこいつはキノガッサではなかったようだ。

642a.png
霊獣ボルトロス
実数値:154-112-90-196-100-168(おくびょう)
努力値:4-0-0-252-0-252
特性 :ちくでん
持ち物:こだわりメガネ
技構成:10万ボルト 目覚めるパワー飛行 草結び とんぼ返り

これも特にいうことはない。CSぶっぱの最大火力ボルトロス。
ハッサムと組み合わせる際、本来ならばボルトチェンジの方が打点が高く、サイクル戦では有利なのだが、ガブリアスにキャッチされてハッサムや他のポケモンが疲弊しないよう確実に交代ができることを優先したためとんぼ返りを採用した。この場合ポイヒキノガッサの身代わりが割れず、ループに嵌まることが懸念されるがハッサム、キノガッサ(?)の型を調整することで誤魔化すことにした。
構築全体が低速気味なため、スカーフも視野に入れたいがいかんせん火力が中途半端になりやすいため見送った。

212 (♀)
ハッサム
vanさんに貸したところ配分がいじられておりどういう風になっているのかよく分かっていない
特性 :テクニシャン
持ち物:オッカのみ
技構成:バレットパンチ とんぼ返り ダブルアタック 剣の舞

・A+2ダブルアタック1発目でH実数値207クレセリア、H実数値182グライオン等の身代わりが確定割れ

ボルトロスがキノガッサの身代わりを割りながら退散することができないためこちらでダブルアタックを採用。どこかで剣舞ができていれば当然ダブルアタック+バレットパンチで処理ができる。できていなくても一般的なポイヒキノガッサの身代わりはそれなりに期待できる乱数でダブルアタック1発目で割ることができる。
クレセリアに対する打点として重要な役割を持っているため、不意のめざ炎に焼かれて確定2を取られないよう、オッカのみを採用した。

593.png
ブルンゲル
実数値:191-58-91-150-134-88(ひかえめ)
努力値:126-0-4-252-68-60
特性 :ちょすい
持ち物:みずのジュエル
技構成:しおふき シャドーボール ハイドロポンプ トリックルーム

トリックルーム要員2匹目。
耐久がそこまで高いわけではないので過信はできないが、潮吹きの火力は評価が高い。
ここまでで全体的にウルガモスに対して薄い部分があるため水打点のあるポケモンを採用した。
スイクンも水タイプの耐久ポケモンとしては優秀であるが、格闘タイプを無効化することができるという点を買い、ポリゴン2との相性としては適切であると判断し、ブルンゲルを採用した。

473.png
マンムー
実数値:185-200-120-67-80-113(いじっぱり)
努力値:0-252-156-0-0-100
特性 :あついしぼう
持ち物:きあいのたすき
技構成:氷のつぶて 地震 吠える ステルスロック

・最速50族抜き

ここまでで積み系のポケモンに隙を見せているためステロ吠えるマンムーを採用した。
吠えるを採用するためにつらら針を切ったため、少しでも瞬間火力を得るために意地っ張りを採用。
やや変な配分であるがかつてキワモノとして闇に葬られた鈍い珠マンムーを流用した個体である。
意地っ張りであるためマンムーミラーした際に確実に先手を取られると想定しなければならないため、乱数でもいいので地震を2耐えするためにBに厚くした。(なお6割で落とされる模様)
特殊方面では普段のマンムーと耐久性能が変わらず、特に他に持たせる物もないため襷を持たせた。

このように特に代わり映えの無い6匹をそろえた構築となった。全体的なバランスとしてはやや穴があったりしており、もっと詰めて練り直す必要がある。キノガッサはさておき今後さらに使い込んでいきたい。


京大カップ自体は5-2でした。

また5-2で予選落ちました。
決勝リーグの神に嫌われてます。
ポケモンって厳しいな。

しかしながら関学ポケサー同士で潰し合う形となるブロック分けでしたが、最終的に僕が最終戦で勝つことでポケサー会長トゥりりりが決勝リーグに上がることができるという熱血ポケモン漫画みたいな展開が発生し、

オノノガブ構築にポリゴン2で3タテして勝ちました。
うひょぞさんありがとうって叫びました

チーム意識っていいなって思いました。
コーラとポッキーをギャラとしてもらいました。

次は自分が上がりたいなって思いました。
今回の京大カップには結構いたらしいんですが5-2予選落ちって結構不憫ですよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。